いよいよピザ窯本体、耐火レンガ積みです。

 用意したレンガは半マスの耐火レンガ36個耐火大判レンガ1個

ピザ窯耐火レンガ積み01

 半マスレンガの下に隠れてて見えませんが耐火の大判レンガはこんなやつです。

大判レンガ1

 一緒に写っているのは普通サイズの耐火レンガです。

 そして、普通の形の耐火レンガSK-32を135個

ピザ窯耐火レンガ積み02

 この耐火レンガの重さは1個3.5kg。135個で、473kg!

 軽トラの最大積載量、軽く超えてると思うですけど。。。

 ピザ窯で使う予定の耐火レンガを並べてみました。

ピザ窯耐火レンガ積み03

 耐火レンガについてはこちらの記事で詳しく書いています。
DIYで自作ピザ窯の作り方 耐火レンガを選ぶ

 用意したアサヒキャスター(耐火コンクリート)は6袋。(足りなくて後で一袋追加しました)

SK-32基本の形の耐火レンガ @168円×135 22680円
耐火レンガ 半マス     @168円×36 6048円
耐火レンガ 大判          2380円

アサヒキャスター  @3888円×6  23328円
 さて耐火レンガを積んでいこう!

とその前に、焼床を作ります。



アサヒキャスターで焼床を作る

 耐火コンクリートのアサヒキャスターを使って焼床(やきどこ)、ピザをのせて焼くところを作ります。

ピザ窯焼床1

 アサヒキャスターは耐火コンクリートです。耐火モルタルではありません。耐火モルタルは火を入れないと固まらないモルタルのことです。

 アサヒキャスターは意外とどこにでも売っているもんでもないみたいで、4軒のホームセンターのうち1軒でしか取扱がありませんでした。ネットでは普通に買うことができます。

 アサヒキャスターをトロ舟に出して

ピザ窯焼床3

 水を加えて

ピザ窯焼床4

 よく練ります。

ピザ窯焼床5

 アサヒキャスターは固まるのが速い。とにかく速い。というのをネットで見ていたので水を多めにゆるめにしてみました。

 しっかり混ぜて、予め作っておいた焼床の木枠に。

ピザ窯焼床6

 ピザ窯の土台の天版をモルタルで作った時には、中にたくさん空気が入ってしまっていてので、今回は全体をヘラでサクサク刺したり、けっこう時間をかけて木枠をコンコン叩いたりしてから、全体をならしました。

ピザ窯焼床7

 この600mm × 670mm × 40mmの焼床に使ったアサヒキャスターは1袋と1/4袋くらいでした。

 朝一にこの作業をして、次の日の昼過ぎに外しました。1月の寒い時期でしたが、しっかり固まっていました。

 木枠を外して、

ピザ窯耐火レンガ積み25

 焼床を起こすと、

ピザ窯耐火レンガ積み26

 おおっ!すごい!周りのものが映り込むくらいピッカピカッです。空気もそれほど入ってないようでいい感じです。

 無事、焼床も完成しました。



焼床をのせる耐火レンガを切る

 アサヒキャスターで作った焼床は何箇所か耐火レンガを横に飛び出させてその上にのせる予定なのですが、耐火レンガをただ横にして積むだけだと長過ぎるので、少し切ることにしました。

ピザ窯耐火レンガ積み09

 それぞれ60mmずつ切り落とします。

 レンガをカットするのに使うのは、ダイヤモンドカッターを装着したディスクグラインダー。

⇒ディスクグラインダーにダイヤモンドカッターを取り付けてレンガを切ったよも参考にしてみてください。

ピザ窯耐火レンガ積み11

 ディスクグラインダーもホームセンターで1日数百円で借りられるんですけど、悩んだ末買うことにしました。

 結果としては、思っていた以上にピザ窯作りに時間がかかったことと、ちょくちょくレンガを切る作業が最後の最後まであったので、買って良かったです。

 それとレンガタガネとかブロックタガネと呼ばれるタガネです。

ピザ窯耐火レンガ積み10

 耐火レンガをディスクグラインダーでカットする動画を撮りました。

が、ディスクグラインダーの向きが反対です。これだと自分の方にディスクグラインダーが飛んで来る可能性があるので危ないです。でも、なんとか無事に切れました。

 こういう道具は便利なんですけど、気をつけなくちゃ大事故になりかねません。そーたろのような素人は特に。

 ディスクグラインダーでレンガをカットするって、そんなに毎回うまくいくものなのかな?割れちゃったりしないのかな?と心配していたのですが、

ピザ窯耐火レンガ積み12

 普通にカットするだけなら、わりと失敗しないみたいです。耐火レンガ6個カットして、6個とも上手く切れました。

ピザ窯耐火レンガ積み13

ディスクグラインダー   9300円
ダイヤモンドカッター   1280円   
ブロックタガネ      1080円



素人のそーたろが耐火レンガを積む方法

 耐火レンガを積んでピザ窯をこしらえていくのですが、乾きの速いアサヒキャスターを使って、耐火レンガを水平に垂直に1㎝の目地でキレイに積んでいくなんて、僕のようなレンガを積んだことのない素人が、普通にコテを使ってやるなんて、、、

 そーたろには全くできない自信がある。

そーたろ的耐火レンガの積み方

 なので、1㎝の角材を当ててそこにアサヒキャスターをのせて、コテで均してレンガをのせていくことにしました。

ピザ窯耐火レンガ積み15

 1㎝の角材を外したところと縦の目地は目地バックにアサヒキャスターを入れて絞る

目地バッグ1

 指でギュウギュウ押さえる濡らしたスポンジでしっかりこすってならす

 という感じでレンガを積んでいきました。

スポンジワーク

 写真が一枚もないのですが、”スポンジワーク”は非常に大事です。よく濡らしたスポンジで目地をゴシゴシして綺麗にならします。

 ガッチガチに固まってしまうとキレイにできないので、僕は1段積んだら、スポンジワークという感じでやっていました。

 台所の使いふるしのスポンジを使ったのですが、完成するまでに2個使いました。結構ボロボロになります。

目地バッグ

 僕がピザ窯作りの参考にしている本とかネットとかでも”目地バッグ”を使うといいよ、ということが書かれているんですけど、この目地バッグ(バック?パック?)というものが全然見つからない。

 何軒かのホームセンターにで店員さんに訊いても「メジバッグ?どんな商品ですか?」と一般的な商品じゃないらしいし、置いてありませんでした。

 で、僕が目地バッグの代用品として使ったのはこれ。

ピザ窯耐火レンガ積み06

 ケーキのデコレーション用の絞り袋です。

 これで全然問題なく絞れました。生クリームのオマケでついてるような薄い絞り袋だと破けちゃうかもしれませんが、厚手のビニールで出来ている絞り袋なら洗って何回も繰り返し使えます。

1㎝の角材90cm @133円×2 266円
絞り袋    @298円×2  596円

 後で調べてみたら「モルタルパック」という名前でネットでも買えるみたいです。



ピザ窯の耐火レンガを積む

 こんどこそ、いよいよピザ窯の耐火レンガを積んでいきます。

 まずは火床(薪を燃やすところ)からです。ピザ窯の土台の上に耐火レンガをなんちゃって設計図どおり並べてみます。

ピザ窯耐火レンガ積み04

 こんな感じ。全体のサイズを測りながら耐火ブロックを並べる枠の線を引いたり、目地の幅を調整したりしました。

 アサヒキャスターを練って、ここでも1㎝の角材を使って1㎝にならしました。

ピザ窯耐火レンガ積み05

 ここにすばやくブロックを戻して、なんとなく水平を取りながら、目地バックでアサヒキャスターを絞っていきます。

ピザ窯耐火レンガ積み07

 目地の細いところは、アサヒキャスターが入りづらいので、その都度コテやヘラで押し込みながら入れていきます。”その都度”じゃないとアサヒキャスターが固まってしまってコテやヘラで押し込めなくなります。

 指でしっかりと押さえて、スポンジを濡らして、こすってならします。

ピザ窯耐火レンガ積み08

 火床が完成。

 火床の上に一段目を積んでいきます。角材を使って、目地幅を調整しながらのせていきます。

ピザ窯耐火レンガ積み14

 上に行けば行くほど大きく傾いちゃうので、水平だけはある程度とっていきました。ある程度、です。

ピザ窯耐火レンガ積み16

 目地バックで詰めて

ピザ窯耐火レンガ積み17

 指でならして、スポンジワーク。

ピザ窯耐火レンガ積み18

 一段目が積めました。

 
 1月の寒空の中で二人で作業をしていても、アサヒキャスターのかたまり具合は速いです。ので、一段分くらいのアサヒキャスターをちょっゆるめにその都度練りながらやっていました。

 日差しがあると、急に固まるのが早くなります。夏なんてどうなっちゃうんだろ。

 あくまで素人の感想です。

 同じようにして2段目も積んでいきます。

ピザ窯耐火レンガ積み19

 2段目、積めた。

 3段目は焼床をのせるカットしたレンガを積みました。

ピザ窯耐火レンガ積み20

 正面から見ると

ピザ窯耐火レンガ積み21

 こんな感じです。だいぶボリュームが出てきて、それらしい感じが漂ってきたような。

 4段目。

ピザ窯耐火レンガ積み22

 5段目。

ピザ窯耐火レンガ積み23

 5段目は大人の事情で、前はまだ積みません。

 6段目。

ピザ窯耐火レンガ積み24

 6段目も前はまだ積みません。



焼床を取り付ける

 ここで、焼床登場です。とりあえず、仮置きしてみました。

ピザ窯耐火レンガ積み30

  なんちゃって設計図では、焼床の下に何かをかまして4段目のレンガと同じ高さにする予定だったのですが、そうすると、飛び出している焼床をのせるレンガ6箇所の高さを調整しなくちゃいけないので、予定を変更して、まずはこのまま焼床を取り付けることにしました。

 飛び出したレンガにアサヒキャスターをのせて焼床を固定します。下からのぞくと

ピザ窯耐火レンガ積み33

 こんな感じになっています。焼床を手前に合わせにすると、奥が5㎝ほど空きます。この隙間から熱が上がって来る予定です。

 焼床の両サイドもアサヒキャスターで埋めました。

ピザ窯耐火レンガ積み34

 6箇所の飛び出たレンガで高さの調整をする代わりに、一番前に薄いレンガを入れて高さを調整することにしました。

 薄いレンガを作ります。半マスのレンガをスライスします。

ピザ窯耐火レンガ積み27

 こんな感じにカットします。

 ディスクグラインダーで切りつけて、

ピザ窯耐火レンガ積み28

 タガネでとりゃ〜!

ピザ窯耐火レンガ積み29

 あ、割れちゃった。。。

 でも、アサヒキャスターで挟むのでキッチリ合わせて使いました。

ピザ窯耐火レンガ積み31

 割れちゃった薄レンガの上にアサヒキャスターをのせて、5段目の前を積みます。

 その上に6段目の前も積みます。

ピザ窯耐火レンガ積み32

 半マス分開いているところは後で積みます。アーチのかまぼこ木型を取り外せるようにあけておくことにしました。

 わりといい感じにここまで積めています^_^

 この前面のところのレンガの積み方は、すごく悩みました。

 2層式のアーチ型のピザ窯の多くは鉄製の扉をつけている人が多いんですけど、板金屋の友だちもいないし、鉄の加工となるとまたハードル上がっちゃいます。

 なので、鉄の扉を作らなくてもいいように焼床の口の部分を小さくするにはどうすればいいんだろーと。

 で、出した答えがこの積み方です。ここにロングなレンガを渡します。

 次は、とうとうやってきました男のロマン、アーチ部分のレンガ積みです。

⇒ピザ窯の作り方の目次へ戻る


そーたろそーたろ

ピザ窯作りにコメントや質問をちょこちょこ頂いていて、嬉しい限りです。もし良かったら、このブログを参考に作られたピザ窯の完成写真などもコメント欄から送って頂けると、このブログに掲載させていただきます。ピザ窯ライフを分かち合えたら嬉しいです!(^o^)!
つく◯ぽ!自作ピザ窯、自作石窯レポート