そーたろはピザ窯を手作りしています。まずはピザ窯の土台を作ります。

 ピザ窯の土台は、ピザ窯がある程度の高さがあったほうが薪も入れやすいし、ピザを焼く時も出し入れがしやすいし、ピザ窯の土台部分には薪を入れて置けるのがいい。

 参考にした本に登場するほとんどのピザ窯も土台を組んだ上に窯を作っていました。

スポンサーリンク

鉄筋アンカーでコンクリートに鉄筋を立てる

 がしかし、その殆どの人が作っている土台は土の地面に作られていました。

 僕はコンクリートの上に土台を作るので、まずはコンクリートにどうやって鉄筋をぶっ刺すか、というところからスタート。

 普通に土の上に土台を作る場合は鉄筋を必要な長さにカットしてもらって、ならした地面にぶっ刺して、コンクリートやモルタルで固めるようなのです。

ピザ窯土台購入1
こういう鉄筋。

 この鉄筋にも太さがあって、僕がホームセンターで見たところだと、太さが10㎜、13㎜、16㎜というのがありました。
 上の写真でD13と書いてあるのが、太さ(径)13㎜ということです。

 DIYで使う程度なら10㎜か13㎜の鉄筋で十分なんだそう。

鉄筋アンカーを選ぶ

 僕が使うのは、上の写真のようなロングな鉄筋をカットするんじゃなくて、「鉄筋アンカー」と呼ばれるもの。

ピザ窯土台購入4

これです。片側の端にこーゆーのがついていて、

ピザ窯土台購入3

これをコンクリートに開けた穴に刺して、上から打ち込むと中で広がって、抜けなくなるっていう代物です。

 僕が買った鉄筋アンカーは太さが13㎜、長さが600㎜のもの。ピザ窯の土台として、ブロックを3段積むならこのサイズ。

 鉄筋アンカーD13 @128円 × 8本 =1024円

 ホームセンターには太さ10㎜、長さ450mmの鉄筋アンカーもあって、ブロックを2段しか積まないならこっちの鉄筋アンカー。ホントは太さ10㎜、長さ600mmっていうのが欲しかったんですが、無いみたいです。

 なんで細い鉄筋アンカーが欲しいのかって言いますと、

鉄筋アンカーが太い⇒コンクリートに開ける穴も大きい⇒振動ドリルに取り付けるドリルが高価⇒穴を開けるのも大変そう

だからです。

 太さが13mmの鉄筋アンカーの場合、コンクリートに穴を開けるドリルの経は18㎜
 太さが10mmの鉄筋アンカーの場合は、ドリルの径が14.5㎜。


スポンサーリンク


ドライバードリル、インパクトドライバ、振動ドリルの違いって何?

 上でも書きましたが、立派すぎるピザ窯建設予定地はコンクリートでガッチリ固められています。ので、鉄筋をぶっ刺したくてもぶっ刺せないので、コンクリートに穴を開けてぜひとも鉄筋をぶっ刺したい。

 のですが、コンクリートに穴を開けるのって、インパクトドライバとかでいけるのかな?という疑問。

 木工作業は少々やるので、ドライバードリルは持っています。木や薄い金属に穴を開けたり、木ねじを締めたりするのに使っています。

 前にウッドデッキというほどのものではないけど、外に2×4の木材で組んだ時は、長い木ねじを使ったのでドライバードリルではパワーが足りず、打撃の力も加わってより強力なインパクトドライバをホームセンターで借りてきました。

 で、コンクリートに穴を開けるには、このインパクトドライバでいけるのか?

 答えはNO。振動ドリルでないとコンクリートには穴を開けられないのです。

振動ドリル、ハンマードリル、ビットを選ぶ

 
 というわけで、コンクリートに穴を開けるためには振動ドリルとかハンマードリルという工具が必要です。買うと結構なお値段がするので、ホームセンターで借りました。

DSC02894

  見た目だけじゃ良くはわからないけど、これがホームセンターで借りてきた振動ドリル。

 あるホームセンターではハンマードリル(小)が1泊2日で1550円で、別のホームセンターでは、振動ドリルが1泊2日で500円でした。

 振動ドリルの方がパワーはないみたいでしたが、金額が3倍も違う!ので、500円の方にしました。

 レンタル工具だけでなく、色んな物がホームセンターによって値段が違いました。品揃えが違うのもあって、2件のホームセンターを行ったり来たり。

 レンタル工具で使うビット(取り付けて使うドリルとか)は自分で買わなくちゃいけません

 本体は持ってないのに先っちょだけ買うってのが ちょっと抵抗あったんですけど、まあ、こういうものは折れたりする消耗品ですから仕方ない。だけんども、このコンクリートに穴を開けるドリル、結構なお値段がするんです。

 18㎜の穴を開けるドリルが片方のホームセンターで一番安いのが2600円、もう一方では1780円。千円近くも違う!

ピザ窯土台購入5

 買ってきた18㎜の穴をコンクリートに開けるドリルです。

コンクリート用ドリル18㎜ 1780円
振動ドリル1泊2日レンタル 500円


スポンサーリンク


重量ブロックを選ぶ

 今度は、ピザ窯の土台にするブロックです。ブロックもいろいろ種類があるんですねぇ。

 ブロックの種類の簡単な説明です。素人から見たざっくりした説明です。

【重さ】
 ブロックは重さや強度などによって、A種、B種,C種に分かれています。A<B<C。AよりBの方がBよりCの方が強くて重いです。

 A種が軽量ブロック、C種が重量ブロックと呼ばれているみたいです。ピザ窯作りの本でも土台には多くの人が重量ブロックを使っていたので、重量ブロックを選びました。

 値段もちょっと高いけど、ブロック自体それほど高価でも無いし、数もそれほど使わないので。

【幅】
 ブロックの幅です。僕が行ったホームセンターでは、10㎝、12㎝、15㎝のものが置いてありました。

 作りたいピザ窯のサイズにもよるのでしょうが、僕は12㎝と15㎝のブロックを組み合わせて使うことにしました。
 土台の両サイドは15㎝のブロックで、後ろと真ん中は12㎝のブロックを使うことに。

【形】
 ブロックにはいくつかの形があります。

 いわゆる普通の形のブロックです。これを”キホン”と呼ぶみたい。今回買わなかったので、写真じゃないけど。

88522b44e705dd5333be41f3aa3fed62.png

 今回僕が買ったブロックは”コーナー”と書かれていたブロックです。”スミ”とも呼ぶようです。

931b772b8b2756d0b0142a94db51a298.jpg

 片側がまっすぐになっています。

 他にも横に鉄筋を入れられるようになっている”ヨコ”と呼ばれるブロックや、”ヨコ”で”スミ”の”ヨコスミ”なんてのもあります。

ピザ窯土台購入2

 これは幅が15㎝の重量ブロックで”キホン”の形のブロックですよって書いてあるんですね。「C−15」のCはC種ってことだと思う、たぶん。

 僕がピザ窯の土台に選んだブロックは「15㎝の重量ブロックのコーナー(スミ)」と「12㎝の重量ブロックのコーナー(スミ)」をそれぞれ12個ずつです。

 ちなみに僕が使ったブロック(たぶん一般的なものだと思います)の長さは39㎝、高さは19㎝です。

 12cmのブロック @138円 × 12個 =1656円
 15cmのブロック @188円 × 12個 =2256円
 合計 3912円



スポンサーリンク


セメント、モルタル、コンクリートって何が違うの?

 そーたろは、木工とか壁塗りとかは多少DIYの経験があるのだけど、セメントを練るとか、モルタルを塗るとか全くしたことがありません。

 そもそも、セメントとモルタル、コンクリートの違いすら分かっていませんでした

セメントとは

caa0f42747fe45e1934460cf58228577.jpg セメントとは、Wikipediaによると”セメント (Cement) とは、一般的には、水や液剤などにより水和や重合し硬化する粉体を指す”のだそう。

 いまいち分かりにくい。僕が買ったセメントは、石灰岩や石膏を粉末にしたもので、そこに水を加えると、化学反応によって固まるもので、それを「セメント」というらしい。

 で、このセメントに水を加えて練っただけのものを使うことは特殊な場合を除いて、あんまりないみたい。

モルタルとは

 モルタルとは、上のセメント1に対して2〜3の砂を混ぜて水で練ったもの

 ピザ窯の土台を作るときに使うのは、このモルタル。

 セメントに砂を混ぜて、水で練るものの他にドライモルタルっていう、水で練るだけでモルタルになるものもある。

コンクリートとは

 コンクリートとは、セメントに砂と砂利を混ぜて、水で練ったもの

 今回のピザ窯では使う予定はないけれど、強度は一番あるようなので、土台を作るのにコンクリートを使うという選択肢も無くはない。

耐火コンクリートとは

 ピザ窯の土台部分は直接熱が当たるわけではないのでモルタルを使って作るのですが、釜の部分は高温に耐えられるレンガ(耐火レンガ)を高温に耐えられるコンクリート(耐火コンクリート)で積むのです。

 コンクリートというと先に書いたように、砂利とか入って重そうで大変そうだけれど、水を混ぜて練るだけのものが売られています。

 僕が買ったピザ窯の本でも、他の本でもいろんなブログでもすこぶるよく登場するのが、

DSC02817.jpg

 これ。アサヒキャスターのCA-13-Tという商品。

 が、しかし意外とどこのホームセンターにでもあるってもんでもないみたいで、(もちろんネットでは買えるけど)ピザ窯建設予定地の母の家の近所のホームセンター2軒には置いてなかった。

ので、そーたろの自宅近くのジョイフル本田で購入。

耐火モルタルとは

 耐火モルタルっていうと、単に耐火性のあるモルタルなんだなって思っちゃう。もちろんそれは間違っていないんだけど、耐火モルタルは、火を入れないと固まらないモルタルなんだそう。

 基本的には素人は手を出さないほうが良さそうな代物だそうです。

 アサヒキャスターと耐火モルタルの違いがよく分かってなくて、これを買いそうになった。あぶない。

モルタルを買う

さてさて、ピザ窯の土台の部分は高温になるわけではないので、普通のモルタルでブロックを固定して積んでいきます。

ピザ窯土台購入6

 ブロックを一段に8個使って上に3段積むのに(ブロック24個)使ったモルタルの材料は、セメント1袋半と砂4袋半でした。土台にのせる天版作りにセメント1袋と砂3袋でした。

 買ったのはセメント3袋と砂9袋。

 セメント @398円 × 3袋 =1194円
 砂    @218円 × 9袋 =1962円
 合計 3156円

 ピザ窯の土台作りについて書こうと思ったら、材料とか道具を揃えるところまでで、けっこう長くなったので土台作りは次回に続きます。

 ⇒DIYで自作ピザ窯の作り方 土台作り2
 ⇒ピザ窯の作り方の目次へ戻る

そーたろそーたろ

ピザ窯作りにコメントや質問をちょこちょこ頂いていて、嬉しい限りです。もし良かったら、このブログを参考に作られたピザ窯の完成写真などもコメント欄から送って頂けると、このブログに掲載させていただきます。ピザ窯ライフを分かち合えたら嬉しいです!(^o^)!
つく◯ぽ!自作ピザ窯、自作石窯レポート