31deb8c3947cb930b4b3a76428d20fbe.jpg

 そーたろ。の家にあるクイジナートのフードプロセッサーたちです。

 左から、1.9L1.0L0.5Lのフードプロセッサー。

 左の大きい1.9Lのフードプロセッサーは、僕が長いこと愛用していたもので、その長年の酷使で本体は壊れてしまいました。そーたろ。は料理人なので、お店でずっと使っていたのです。

 0.5Lの一番小さいフードプロセッサーは、携帯の買い替えの時、ポイントが余ってるとかでバタバタと交換して貰ったやつ。ほとんど出番はない。離乳食くらいかな。

 で、真ん中のが最近自宅用として買った1.0Lのクイジナートフードプロセッサー。

 自宅用にと1.0Lのフードプロセッサーを買ったのですが、自宅で使うにしても1.0Lのクイジナートは小さい。やっぱり1.9Lのクイジナートが欲しい。

 というわけで「クイジナートのフードプロセッサーを買うなら1.9Lにしとけ!」を勝手に開催します。

スポンサーリンク

フードプロセッサーの容量1.9Lは1.9L入るわけじゃない

クイジナートフードプロセッサー2

 フードプロセッサーを使ったことがない人は1.9Lって、けっこう大きいよね、重さに換算したら約2Kgだよ!って思ったりするかもしれない。

 でも、まったくもってそんな量はいっぺんに入らない。玉ねぎをみじん切りにするなら中が2個くらい(500〜600g)、パン生地をこねるなら400gくらいなもんです。

 1.9Lというのはボール(入れ物)のサイズで調理できる容量ではないのです。

なので、これが1Lになったら、玉ねぎのみじん切りなら中一個、パン生地なら200gくらいです。これじゃ少なすぎる。もちろん、何回かに分けてやればできるんですけど、玉ねぎをみじん切りにするのだって、それなりに面倒見なくちゃいけないんです。

こんなふうに面倒をみないときれいにみじん切りにならないんです。

 そんでもって何回かに分けてやるってのは、

 フードプロセッサーのボール(プラスチックの容器)の中には刃のついた羽がある。それごと外して、中身を移そうとしたら、羽が邪魔で上手く移せなくて、羽は落ちそうになるし、中身はこぼれるし、元の本体に戻そうとしたら羽が上手くハマらなくて、、、、やっとハマったけど、フードプロセッサーがちっちゃくて入れにくいわっ!キーーーーッ!!

ということを繰り返すことになる。

 1.0Lのフードプロセッサーが1.0L入らないことはアタマでは分かっていたんだよ。でも、実際使ってみたら、自分が思ってた以上に一度に処理できる量が少なくて。。。

 やっぱり、1.9Lのフードプロセッサーが必要だ。


スポンサーリンク


クイジナートの1.9Lは大きくて重そうだけど

d48f446066a1ceec59fa9d87517528c1.jpg
 1.9Lのクイジナートのフードプロセッサーは、大きくて重そうだという人がいます。はい、それなりに大きくて重いです。5kgありますから。

 なので、1.9Lのフードプロセッサーを使うたびに収納場所から出してくるというのは、かなり大変です。高いところにしまっておくなんてのはもってのほか、危険が危ない。

 1.9Lにはそれなりの場所を確保して、出来れば据え置きで使えるようにしたい。せめて、ちょっと前にズリズリ引き出せば使えるくらいの場所には置いておきたい。

と言いつつも、僕は収納場所から出してきて使っていました。しまっておいて、使うときにだけ出すでもやれないことはない。

 そーたろ。は180cm、80kgの元ラガーマン(大昔の話だけど)、それでも、ヨイショッ!と気合を入れなければいけないくらいの重さではあります。

77c4aef1d3917744326803812416c50f.jpg

 それに対して1.0Lのクイジナートのフードプロセッサーは、3kg。この重さなら出し入れするのはそれほど苦じゃない。

 片手で持てるくらいの重さ。

 キッチンにフードプロセッサーの場所を確保できない、5kgを持ち運びするのも無理、となると1.0Lも選択肢に入ることになるのかな〜。

クイジナートのフードプロセッサー1.9Lのシンプルカバーは必須

 クイジナートのフードプロセッサーに限ったことではないのだけれど、フードプロセッサーの後片付けとか掃除とか大変じゃないの?面倒じゃないの?とネットで質問してる人を見かけます。

 まあ、普通に使った後のボールとフタと羽は洗わなくちゃいけません。本体も拭き拭きします。

 これが大変かってのは感じ方は人それぞれなのでなんとも言えませんが、僕は使ったフードプロセッサーをきれいに洗って、片付けても、フードプロセッサーを使わないより断然早いし、きれいにできるのでフードプロセッサーを使うのです。

 でも、1.9Lのクイジナートのフードプロセッサーのフタはちょっと洗うのが面倒くさいです。

fe458bff48d431a688674a763c56fc9d.jpg

 このニョキッとしたのが付いているフタです。外すと

d069f813d9be17ca305fb2a400e0ba6a.jpg

 こんな感じのパーツで出来ています。これをいちいち洗うのは面倒くさい。左のカパカパしたやつなんか無駄に伸び縮みしてほとんど使わないし。

 なので、シンプルカバーを使います。

シンプルカバー2

 これです。シンプル。ボールにつけると

シンプルカバー3

 こんな感じです。あら、すっきり。これでだいぶ洗うのが楽になります。

 このシンプルカバーは付いているセットと付いてないセットがあるので、クイジナートのフードプロセッサー1.9Lを買うときは気をつけたい。

クイジナートのフードプロセッサー1.9Lがおすすめの理由

クイジナートフードプロセッサー3

 最初にも、1.9Lというサイズのクイジナートがどのくらいの食材を処理できるのかってことを書きましたが、もうちょっとアバウトなサイズ感というか、イメージ的なことで言いますと、1.9Lのクイジナートでだいたい4人家族分が一回でまわせるのです。ハンバーグに餃子の具、プチパン、レバーペーストにスコーン(400g強)とか。

 それから、お菓子類。チーズケーキなら18㎝の型分を一回でいけます。その他のケーキやらタルト生地も、18㎝の型でつくるなら1.9Lでないと厳しい。

というわけで、クイジナートのフードプロセッサーを買うなら1.9Lにしとけってことです。

 1.0Lのフードプロセッサーを買って、我慢して使っていたけど、やっぱりフードプロセッサーはクイジナートの1.9Lのサイズ感がしっくりくるなー早く買いなおそーっとひとりで盛り上がっているそーたろ。の主観で書き上げました。

 苦情はいっさい受け付けませんのであしからず。。。

クイジナートフードプロセッサー付属品01
 クイジナートのフードプロセッサーは1.9Lのサイズがおすすめ、ということを書きました。https://itiho.com/foodprocessor/ で