ENEOSでんき
 
 いま住んでる家は普通の家を微妙に店舗仕様にしたおうち。何が店舗仕様かって、部屋の間仕切りがない。お風呂とかトイレ以外は全部ぶち抜き。

 やむなく、でかくてパワフルなエアコンを設置したら、けっこうな額の電気代の請求が毎月来るそーたろです。

 とうとう電力が自由化されました!

がしかし、電力が自由化されたと言っても、自分で調べたり、比較検討したりして、行動を起こさねば勝手に電気代がお得になるわけじゃありませぬ。

 そう、世の中は待ってるだけじゃ何も起こらないのです。

 というわけで、折角電力が自由化したんだから、どこに乗り換えるのが、または乗り換えないのがお得なのかをちょいと調べてみることにしました。

スポンサーリンク

電力自由化、電気代の比較サイトで比較してみた

 電力が自由化されたけど、どこの電気を買うのが一番お得なんだろーと調べ始めて、すぐに見つけたのが、電気代がどこの会社でどのくらい安くなるのかを比較できるサイト「電力比較サイトエネチェンジ」です。

 いやー便利な世の中ですね。
 

 さっそく今の電力会社(東京電力)の”電気ご使用量のお知らせ”っていう請求書?を一枚用意して、郵便番号、今使っている電力会社TEPCO(東京電力のこと)を選んで、アンペア数、その月の電気料金を入力して、家族人数、ガスの有無、生活の時間帯を入力してポンッ!

電気料金プラン比較シミュレーション結果|エネチェンジ電力比較

 こんな結果でした。上位3位の中に東京ガスが2つとENEOSでんき。(順位はもっともっとたくさん出てきます)

 だいたい1年間で25000円〜30000円くらいお得になりそう。これはもう変えるしかなんじゃない?

 第1位の「ずっとも電気1 (東京ガストリプル割適用)」が一番電気料金がお得ってことなんですけど、このプランは電気の他にガスインターネットもセットで契約した時の金額。

 第2位の「ずっとも電気1 (ガス・電気セット割適用)」電気ガスのセットで契約。

 この東京ガスのプラン、僕は契約できません。なぜって、東京ガスの”ガス”とセットのプランだから。うちは東京ガスじゃないから。

 第3位のENEOSでんきはセット割引とかではなく、実質電気代が安くなる金額になっているみたい。ポイントで還元される分もいくらかは入っているみたいだけど。

 と、ここで僕は気が付きました。

 このエネチェンジのシュミレーション、「おすすめ順」「電気代節約額順」ってのがある。

 「電気節約額順」をポチッ。

スクリーンショット_2016-04-07_15_05_32

 そしたら、ENEOSでんきが1位になりました。実質一番電気料金が安くなるのは僕の場合はENEOSでんきみたいです。

電気料金プラン比較シミュレーション結果|エネチェンジ電力比較2

電力会社乗り換えの時に考えたいこと 

 電力自由化になって電気会社を乗り換えようかな、といろいろ調べていくうちに僕が乗り換え先の電力会社に求めてることがだんだん自分でも分かってきました。

  • 電気代、電気料金が今より安くなる
    当たり前だけど、乗り換えるんだから、電気代が高くなっちゃうんじゃ意味ないですからまずは、”今より安くなる” が大前提です。
  • インターネットとかガスとかスマホとセットじゃない
     インターネットとか、ガスとかスマホとセットにして乗り換えるという選択は、なるべくならしたくない。
     インターネットのプロバイダとか、スマホは、出来れば自由に変更できるようにしておきたいので、セットにしたくない。
  • 分かりやすいポイント還元
     ポイントで還元してくれるのはいいんだけど、あっち移したりこっち移したりがめんどくさくないポイントがいい。ポイントもらったらそのまま使えるヤツ。

東京ガスが「電気とガスをセット」にする理由

 僕は千葉県に住んでいて、ガスは大多喜ガスって言う都市ガスです。なので、今のところ東京ガスの”ガスと電気のセットのプラン”を選択できません。

 東京ガスを使っている人は、東京ガスの電気に乗り換えるのが実質一番お得そうですよね。「クックパッド人気順検索が無料に」も地味に主婦の心に響きそうです^_^

 でも、東京ガスの電気(ややこしいな)がなんでガスと一緒にセットで販売しようとしてるんでしょうね?

 だって、都市ガスは供給エリアが決まってるじゃない。縛る必要無いじゃない?

と思っていたら、ガスも2017年に自由化されるんだって!だから、今のうちから電気とセットにして囲っておくんですね。

 ガスは配管が全てつながっているというわけではないので、電気のように自由に行き来するのはすぐには難しいかも知れませんが。

東京電力とENEOSでんきはどっちが安い?

 東京電力と比較してみて、どのくらい安くなるのか、どのくらいお得なのかってことを比較したのですけど、よく考えたら、比べているのは”これまでの電力自由化前の東京電力”です。

 なので、”これからの東京電力”と比較してみようかと。

東京電力エナジーパートナー 料金プラン試算

というサイトで、電力自由化後の東京電力が、お客様に合った新しい料金プランとやらをご案内してくれるそうなのでやってみました。

スクリーンショット 2016-04-13 17.15.55

 うーーーん。。。。

 余裕なのか?それとも、危機感がないのか?まだしばらくは、様子見で動かないだろうと思っているのか?それとも、、、?

、、、、全然、ENEOSでんきの方が安い

ENEOSでんきに乗り換える理由まとめ

 どうやら僕はENEOSでんきに乗り換えるのが良さそうなのだけれど、もうちょっと調べて何がどういいのかをまとめてみました。

複雑なセット割引じゃない

 ネットだ、スマホだ、ガスだとかとセットじゃないので、シンプルで分かりやすい。
 僕が電力自由化の乗り換え先を選ぶ上でコレ大事。来年はガスが自由化するし、いろんなことが数年先はどうなってるか分からないから。

 

現状の東京電力と比べて年間2万円以上安くなる(うちの場合)

 これまでの電気料金と比べていくら安くなるかは、使っている電気の量によります。
 ENEOSでんきのサイトから引用しますと、40Aの契約で、月間の平均電力使用量が

 300kWhの場合、年間約1110円
 400kWhの場合、年間約4940円
 500kWhの場合、年間約9790円
 600kWhの場合、年間約15040円

 お得になります!

 

2年割がわりとゆるい

 2年割はスマホなどでもお馴染みの”2年縛り”なのですが、2年縛りじゃないプランももちろんあります。2年縛りじゃないプランでも十分安い。(上の試算は2年縛りじゃないプランでの計算)

 そんで、更に2年縛りのプランを選ぶと、1、2年目は1kWh当たり0.2円割引されます。3年目以降は0.3円割引になります。

 1kWhあたり0.2円というと、ひと月500kWhだとしたら100円です。わりと電気を使う家で年間で1200円安くなるということです。

 2年縛りなので、2年経った、23ヶ月目と24ヶ月目に解約しなければ違約金が掛ります。
 違約金は1080円です。1年過ぎれば、違約金払って解約しても得じゃね?とっても良心的。

 

Tポイントでポイントが貰える

 エネオスでんきの電気代200円支払いごとに1ポイントのTポイントが付きます。
 ENEOSでんきの支払いには使えないのですが、Tポイントならどこでも使えるのでいちいち交換したりしなくていいので楽ちん。

 

ENEOSでんきは実は電気のベテラン

 いま電力自由化と注目されているのは、一般家庭の話。会社や工場、学校などは以前から自由化されています。ENEOSでんきはこれまでも10年以上にわたって電気を供給してきているのです。ぽっと出じゃないのです。

 

ENEOSでんきの供給エリア

 あ、そうそう、ENEOS電気の供給エリアは2016年4月の時点では、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)となっています。

 ENEOSでんきは、電気料金が安いのはもちろんなんですけど、とにかくシンプルな契約と、分かりやすい料金体系、使いやすいTポイント。

 様子見てる場合じゃありません!僕は意気地なしじゃありません^_^

ENEOSでんきに切り替えた記録

2016年 
4月14日
 ENEOSでんきにネットから申し込み。この時、電気の切り替え希望日を最短の4月20日にしてみた。

4月16日
 ENEOSでんきからご利用開始日のお知らせというメールが来た。さすがに4月20日は無理でした。ご使用開始予定日 : 2016年05月12日

4月28日
 事前連絡無しで突然、小雨の降る中スマートメーターの取り換え工事の人が来た。

工事自体は20分位で終了。

【いままでの機械式のメーター】
スマートメーター1

【取り換えられたスマートメーター】
スマートメーター2

【斜めから見たスマートメーター】
スマートメーター3

 見た目は変わったけど、サイズは取り立ててスマートにはなってない。これまでのメーターと同じくらいのサイズ。もちろん、スマートはそういう意味じゃないと思うけど。

5月12日
 今日からENEOSでんきの電気が供給開始されているはず、、、と思っていたところに東京電力から”電気使用量のお知らせ”が来ていた。

電力自由化電気使用量のお知らせ

 電気の使用期間が4月11日〜5月11日になっている。この東京電力の検針に合わせて利用開始日が5月12日と決まったのか?

 まあ、それはそれで、いろいろ面倒なことが省けていいのかもしれない。

 今日からENEOSでんき!という実感は特に無いし、お知らせもないけど、たぶんENEOSでんきなんだと思う。。。

5月18日
 ENEOSでんきから”ご使用開始のお知らせ”が届いた。

ENEOSでんき開始

  ここにログインIDとパスワードが書いてあるので、お客さまページにログインできるようになりました。

ENEOSでんき Tポイントの設定

 そうそう、忘れちゃいけないのがTポイントの設定。さっそくログインして、パスワードとか秘密の質問の設定をしたら、Tポイントを設定。

 各種お手続きをクリックして、>Tポイントのご利用状況を確認するをクリック。

スクリーンショット_2016-05-20_10_32_26

Tポイントのお手続きがされていません。となっているページの3箇所にチェックを入れて、Tポイントご利用手続きへ進むをクリック。

スクリーンショット_2016-05-20_10_34_11

 Yahoo!IDを持っていて、Yahoo!でTポイントが貯まるようにしてあると、手続きは簡単でTポイントカードが手元になくてもできちゃいます。

  Tポイント利用の設定の手続きのページになるので、、ログインのマークをクリック。

スクリーンショット_2016-05-20_10_34_33

  Yahoo!のログインページになるので、、パスワードを入れて続けるをクリック。

スクリーンショット_2016-05-20_10_35_05

すると、Tポイントご利用の手続きが完了しました。となって設定できました。

スクリーンショット 2016-05-20 10.35.21

あとはTポイントが勝手に貯まるのを待つのみです。

全部見せます!ENEOSでんきのはじめての電気代が確定したよに続きますよ。