40代男の白髪染め21
40代男の白髪染め20

 そーたろは30代の頃から、白髪がけっこうあって、ずっと市販の白髪染めを使って白髪を染めていました。

 その辺のドラッグストアやスーパーなんかで売っている市販の白髪染めは、2種類の染毛剤を合わせて染める酸化染料剤と呼ばれるもので、強力でがっつり染まる反面、頭皮に付くとしみて痛かったり、染める時の匂いが強烈だったり、洗面所で染めていると、知らず知らずのうちにあっちこっちに染毛剤が飛んでいて、壁に付いたら落ちなかったりします。

 もっと手軽に自宅で染められて、頭皮にしみなくて、臭くない白髪染めってないのかなーと探して、見つけたのがこれ。

光で染まる白髪染め サンカラーマックス




サンカラーマックスってどんな白髪染め?

 サンカラーマックスは日光や蛍光灯の光に当たると染まるという白髪染めで、メカニズムとしては、

クリーム中の銀イオンが光が当たると金属銀微粒子に変化し、髪の表面にくっつきます。さらに金属微粒子が光を吸収することでダークブラウンに発色する

ということらしいです。

 そんで、サンカラーマックスは合成染料や酸化染毛剤を使っていないので、髪や頭皮に優しい白髪染めです。

 サンカラーマックスの白髪染めには、レギュラーサイズハーフサイズがあって、それぞれに黒に近いダークブラウンのメンズ用濃い茶色のダームブラウンのレディース用があります。

 今回買ったのは、初回限定のハーフサイズ2本セットのメンズ用です。初回は半額で買えました。

40代男の白髪染めサンカラーマックス

 箱の中には染毛剤とクシと説明書が入っています。

40代男の白髪染めサンカラーマックス2

 この白髪染めは、朝にクシで髪の毛に塗って、そのまま一日を過ごして、夜、お風呂に入った時に洗い流すという染め方です。

 さっそく使ってみました。




サンカラーマックスで白髪染めしてみた

染める前の白髪の状態

 まずは染める前の白髪の状態です。

正面からの白髪。

40代男の白髪染め

最も白髪が目立つ頭の横の部分の白髪。

40代男の白髪染め3

真上から見た白髪。

40代男の白髪染め2

 自分で白髪が多いことは自覚してはいたけど、改めて写真を撮ってみると、自分で思っている以上に白髪まみれだなー。

サンカラーマックスで染めてみた一回目

 サンカラーマックスをおもむろにクシに出します。

40代男の白髪染め4

 髪の毛に塗る。横、上、後ろとムラなく塗っていきます。

40代男の白髪染め5

40代男の白髪染め6

 ちょっと張り切って、たくさん塗りすぎたかな。ハーフサイズの1本の3分の2くらいを使いました。

 全然頭皮にしみないし、匂いもありません。白髪染めのクリームを直接クンクン匂いを嗅ぐと紅茶のような香りがします。

 塗り終わった状態。張り切って塗ったくったので、ビタッとオールバックになっています。

40代男の白髪染め7

40代男の白髪染め8

40代男の白髪染め9

 ですが、小一時間もすると、普通に外に出歩いても問題ないくらいに乾いてきます。

40代男の白髪染め10

 髪の毛はヘアークリームをちょっと塗っているような感じの状態で、このまま仕事に行っても何の違和感も無いです。完全に乾いてくると、もっとサラサラになってきます。

サンカラーマックスの染めあがり

 一日いつもと同じように過ごして、夜、お風呂に入ったときに普通に髪を洗って、乾かした状態です。

正面から。

40代男の白髪染め11

頭の横の部分。

40代男の白髪染め13

真上から。

40代男の白髪染め12

 あれ?全然染まってない?

 いや、よく見ると茶色っぽくはなっている、、、所もある。

サンカラーマックスで染めてみた2回目

 もともと、2〜3回染めると説明書にも書いてあったので、2回目を染めてみました。染めてみたと言っても、ただ、朝、クリームをクシで塗るだけなので、慣れてきた2回目からは5分もかからない感じ。

 そんで、2日目も終了し、髪を洗って乾かした髪がこんな感じ。

正面から。

40代男の白髪染め14

頭の横の部分。

40代男の白髪染め16

真上から。

40代男の白髪染め15

 おっ、だいぶ染まってきました。

サンカラーマックスで染めてみた3回目

 3回目染めてみた。これで、ハーフサイズのサンカラーマックス二本が終了しました。

正面から。

40代男の白髪染め17

頭の横の部分。

40代男の白髪染め19

真上から。

40代男の白髪染め18

 市販の白髪染めのように、真っ黒には染まりませんが、自然な感じに染まっています。最初と比べて見ると一目瞭然。

40代男の白髪染め21
40代男の白髪染め20

サンカラーマックスで白髪を染めてみて

 サンカラーマックスは、全然頭皮にしみないので、1日塗ったまま過ごすのですが頭皮も痛くなく、匂いもまったく気になりませんでした。

 市販の酸化染料剤のようにがっつり黒く染めるというよりは、自然な感じの染め上がりでした。40代の半ばにもなってくると、ガッツリ真っ黒な髪よりも自然な感じの染め上がりの方がいいなと。

 今回、僕が外で日光を浴びていたのは一回染める度に一時間くらいだったので、仕事で外回りをしていたり、休みの日に出掛けたりともっと外に出ている時間が長ければ、もっと染まったかもしれません。サンカラーマックスは蛍光灯の光でも染まるのですが、光の強さが強ければ強いほど、発色すると説明書にも書いてありました。

 使ってみて、一番この白髪染めがいいと感じたところは、簡単で楽ちんなところ。手についても洗えば済むし(市販のものは手につくとなかなか取れないので手袋をする)、ササッとクシでクリームを髪に塗ったら、あとはほったらかし。普通に一日生活して、夜お風呂に入った時に洗い流す。白髪染めのための時間は朝、クリームを塗る5〜10分だけ

 市販の白髪染めがきつくて頭皮が荒れる、匂いが無理、自然に染めたいという人にはとってもいい白髪染めだと。

 あと、こうゆう頭皮に優しい白髪染めとかヘアカラーは女性用のものはたくさんでてるんですけど、意外と男性用のカラーというのが少ない。おっさんだって、頭皮にしみるのは嫌なんだよっ!

光で染まる白髪染め サンカラーマックス