サプリメガネアイキャッチ

 朝起きた瞬間からスマホに手を伸ばし、一日中パソコンの前で仕事をして、息抜きはSNSとYouTubeのそーです。

 起きてる間はブルーライトにあたりっぱなしです。

 だもんで、数年前からZoffのブルーライトカットのPCメガネ、PCウルトラ(Zoffの中でもっともブルーライトカット率が高い)を愛用しています。ブルーライトカットメガネを使うようになってから、目の疲労はかなり良くなりました。

 もちろん、全く疲れなくなったってことはないんですけど、目の奥がずーーんっとしびれるように痛くなって、仕事に支障が出るようなことは起こらなくなりました。

 ほぼほぼ毎日PCの前で仕事をしているそーです。  休憩時間にはYouTube見たり、スマホでLINEのやり取りしたり、起きている時間ずーっとPCやスマホから発せられ

 ZoffのPCウルトラのブルーライトカット率は50%です。

 それに対して、「ザ”サプリメガネ」というPCメガネはなんと!ブルーライトカット率94%!!!という衝撃の数字を謳っています。

 今回、そんな高ブルーライトカット率の「ザ”サプリメガネ」を提供してもらったので、実際に使ってみた使用感、疲労の軽減度などをこれまで使ってきたZoffのPCウルトラと比較しながらレビューします。

 提供してもらったサプリメガネはこれです。

 あ、ザ”サプリメガネは「”」が入っているけれど、読み方としては普通にザサプリメガネです。本文中では、めんどいので「サプリメガネ」と表記することにします。



 ザ”サプリメガネってどんなメガネ?

 まずはブルーライトとはなんぞや、ということを簡単に説明しようと思ったのですが、とっても分かりやすいサイトがあったので、そこら引用。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

一般に私たちが「光」と呼んでいるものは、電磁波のうち、ヒトの目で見ることのできる可視光線のことです。可視光線の波長は、およそ400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトは380~500nm。400nmより短くなると紫外線、700nmより波長が長くなると赤外線と呼ばれます。
ブルーライトとは | ブルーライト研究会より

 さて、このサプリメガネは、ブルーライトカット率94%という驚異的な数字のPCメガネなのですが、よくよくちゃんと見ると

サプリメガネ※画像は許可をもらって掲載しています

目に有害とされる(HEV)400~420nmのブルーライトを94%カット

と書かれています。

どういうことかというと、こうゆうことです。

サプリメガネHEVを94%カット

 380nm〜500nmのブルーライトのうち400nm~420nmのエネルギーの強いブルーライトを94%カットしているということです。

ザ”サプリメガネとZoffPCウルトラのブルーライトカット率を比較してみた

 ここまでごちゃごちゃと難しいことを描いてきましたが、サプリメガネ、Zoff PCウルトラのブルーライトカットがどのくらいなのかがよく分かる動画があります。

 百聞は一見にしかずです。

 前提としてこの動画で使われているライトは、どちらも405nmのブルーライトです。(Zoffの方は動画内に記載、サプリメガネの方はメールで確認しました。)

 まずはZoffのPCウルトラの方から。

 
 続いてサプリメガネの動画です。こちらは比較動画になっているので、最初に登場するのは従来品です。サプリメガネが登場するのは30秒あたりから
 

 この動画を見ても、断然サプリメガネの方がカットしてる感がありますよね。
 

 



サプリメガネとZoffPCウルトラの使用感とかサイズ感を比較

レンズのクリア度を比較

 上ではブルーライトのカット率の比較をしました。もちろんブルーライトのカット率も大きく違うのですが、サプリメガネを使っていて一番僕的に良かったのは、サプリメガネのクリア度です。

サプリメガネの口コミと評価5

 こうやってみると全然違いますねー。

 Zoffの方も普通にパソコンで文字を書いたりする分には全く問題ないのですが、やっぱり写真を選んだり、加工したりするときは色が大事なので、メガネを外して作業をしていました。

 が、サプリメガネはPC画面の色が変わらないくらいにクリアなので、掛けたまま写真の作業もします。ずっと掛けていられるので、その分ブルーライトもカットしてくれます。

フレームを比較

 フレームの種類ということで言えば、Zoffの方が多いです。たくさんの中から選べるのはそれはそれでとっても楽しい。

 サプリメガネの方は、12種類のフレームでそれぞれ3色展開しているので、合計36種類です。オーソドックスでシンプルなフレームで揃えているので、僕的には十分な品揃えかと。

サプリメガネのフレームの種類

 ちなみに僕が今回選んだサプリメガネはこれです。

サプリメガネの口コミと評価1

 形的にはZoffのPC眼鏡と同じです^_^これが以前買ったZoffのメガネ。

サプリメガネの口コミと評価2

 でも、細かくみるとちょっと違います。

フレームのサイズ

 これはZoff、サプリメガネそれぞれの選ぶフレームによってももちろん違いますが、僕が選んだZoffのPCメガネとサプリメガネでは、ほんのちょっとサプリメガネの方が短かったです。

とは言っても、若い子に比べたら顔のデカさにはそれなりの定評がある40過ぎのおっさんでも全く問題ありません。

といいますか、サプリメガネにしてもZoffにしてもツルの長さは135mm〜142mmあたりに設定されていて、女性に似合いそうなデザインのものは135mm、ユニセックスなデザインのものは136~140mm、男性に似合いそうなデザイのものは142mmといった感じになっているみたいです。

サプリメガネの口コミと評価6

 フレームのサイズが気になる人はチェックしておくといいかもしれません。

 サプリメガネのメガネサイズは、楽天でもAmazonでも商品説明のところに書かれているこの数字を見るとわかるようになっています。

サプリメガネのサイズ

【サイズ】53□18-136/30

と書かれている場合は、こうなります。

レンズの幅 : 53mm
レンズ間の幅(ブリッジ): 18mm
ツルの長さ(テンプル): 136mm
レンズ縦 : 30mm

鼻のパーツ(パッド)

 Zoffのメガネは「鼻盛りタイプ」と呼ばれるパッドで固定です。

サプリメガネの口コミと評価4

 サプリメガネの方は鼻パッドタイプで、金具にぷらぷらと鼻あてが付いています。

サプリメガネの口コミと評価3

 鼻パッドタイプは、自分で角度や高さ調整できます

 Zoffにも鼻パッドタイプのフレームはもちろんあります。がサプリメガネの方は全てのフレームが調整できる鼻パッドタイプで作られています

価格で比較

 僕が使っているのは度の入っていないPCメガネです。ので、そのレンズでの比較になります。

 これまで見てきたように、いろいろと違いがあるので、単純に価格の比較というものはできないのですが、僕がこれまで使っていたZoffと今回、使わせてもらったサプリメガネを価格だけで比べるとこうなります。

Zoff PCウルトラ : ¥8640(税込)

ザ”サプリメガネ : ¥8900(税込)

 ほぼ、変わりません。

 いや、、、ブルーライトのカット率や、レンズの色とかのことを考えるとサプリメガネの方が安いと言えるか。。。



サプリメガネの使用感

 僕はもう2年以上PCメガネを使い続けているので、PCメガネを掛けずに仕事をすること自体考えられません。

 Zoffからサプリメガネに掛けかえてから一週間以上が経過しました。

 とっても快適です。

 正直に言うと、一週間ではZoffとサプリメガネの疲労感の違いというのは、実感としてはあまり良く分かりません。どっちのメガネも、しないときよりしたほうが疲労感がないことは明らかで、目の奥がずーーんと痛くなることもありません。

 ただ、さっきも言いましたが、写真の作業をしているときは別です。サプリメガネは掛けたままでも色の違いがないので快適に作業ができます。

 写真の選定、加工はすごく目を使う作業で、僕はこの作業が結構たくさんあります。これだけとってもサプリメガネにする意味があるかと。

 久しぶりにZoffを掛けると、、、、なんかパソコンの画面が黄色い。。。

 今回僕が使ったサプリメガネはこれ。

その他のサプリメガネはこちらから見ることができます。