Screenshot 2016 02 23T11 49 11+0900

 大きな声で言うのは恥ずかしいけれど、せっかくブログを書いているんだから、少しでも多くの人に読んでもらいたい。

 「いや〜、日々のどうでもいいくだらないことの垂れ流しですよ〜」なんてのたまいつつ、ホントは、読まれたい!よまれたい!ヨマレタイ!と血眼でドロドロの欲にまみれているそーたろです。

というのは言い過ぎですが、ちょっとした工夫でブログがより多くの人に読んでもらえるんだったら、それは是非そうしたい。

スポンサーリンク

キャッチコピー力の基本

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
という本を読みました。

 ”77のテクニック”とあるように、技術です。

 キャッチコピーはもちろん、商品のネーミング、企画書のタイトル、ブログ記事のタイトル、プレゼンで気持ちをつかむフレーズなどを”こういう切り口で考えてみるといいコピーになるよ”という77の方法が書かれています。

 著者の川上徹也(かわかみてつや)さんは、コピーライター以外にも舞台や演劇の脚本家としても活躍している方。

 もちろん広告の世界でも東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴も多い。のだけれど、この「キャッチコピー力の基本」は、そんな大物感というか、上から目線でまったく書かれていません。

 広告業界で生きていくためには的な、心構えや精神論は一切なく、僕でも常日頃から、こーゆーことを意識していけば、真似できるかも!と思わせる、まさに”キャッチコピー力の基本”が満載です。

 77の全てのタイトルを書き出したいところですが、中でも、僕がブログを書くとき、ブログのタイトルを付けるときに特に意識しときたいなーというタイトルを抜き出しました。

hint!01 自分に関係があると思ってもらう
hint!03 相手の心に「何で?」をつくり出す
hint!05 みんなが言いたかったことをスパッと言う
hint!09 かかる時間を示す
hint!10 得になること、効果を入れる
hint!18 問いかけてみる
hint!22 共感を得られるようにする
hint!25 ハードルや敷居を下げる
hint!26 正直に伝える
hint!51 五感を使った言葉で表現する
hint!55 普通の人の名言に耳をそばだてる
hint!64 物に「人」をプラスする
hint!75 ストーリーにして引きつける
hint!77 ストーリーの続きを読みたい、と思わせる

「キャッチコピー力の基本」を一度最後まで読んで、ブログのタイトルやら、記事のタイトルをつける時に77の目次を眺める、というようにしています。

 この本を読んだからって急にすばらしーコピー、ブログの記事のタイトルが付けられるようになるわけじゃないけど、”どんなことを意識してタイトルをつけるか”を考える力はかなり鍛えられそう。

 ブロガーならずとも手元に置いておきたい一冊です。