スクリーンショット 2014-05-21 14.23.34

 マインドマップは、頭の中を整理する、ふとしたアディアが出てきたりもするし、見返した時に思考がちゃんと分かっていいよ!なんてことを書きました。

 でもね、紙に色んな色のペン使って書くって結構めんどくさかったり、どんくらいの大きさの紙使えばいいの?すごく思考が広がっちゃったらやばくない?そしたら模造紙か?邪魔じゃね?

スポンサーリンク

 なんてことを多くの人が思うかどーかは分かりませんが、僕は思っちゃったんです。

 マインドマップってものがあるってのも分かったし、いくつか書いてみたりもして、まあ、便利と言えなくもないね。ただ、ちょっと気合がないとなかなか書こうって気になれなかったのも事実でして。。。

 で、しばらくマインドマップは放置状態だったのですが、勝間さんの「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」の中でパソコンのソフトを使ってマインドマップを作る的なことが書いてあったのです。

おおっ!そりゃいい!ってことで、さっそくマインドマップのソフトとやらを検索。
結構あるのね、、、とりあえず無料のソフトをいくつかダウンロードしてみて使ってみました。

 いくつか使ってみたところ「XMind」が使いやすかったので、これを今は使っています。サクサク簡単に書けるのがいいです。最初は、元々のマインドマップに近いような枝っぷりのいいやつがいい!と思って色々探していたのですが、慣れれば別にこの棒みたいな奴でも問題ないです。

 YouTubeでXMindの使い方を解説している動画があったので貼っつけます。これを見るといかにサクサクかがわかっていただけるかと。

 もちろん色をつけたり、枝ももうちょっと枝っぽくしたりもできます。有料のやつもあるんですけど、無料ので十分。困ることは何もないです、今のところ。

XMindを使うようになってからは、気軽にマインドマップを書くようになりました。
ちょっと書いて行き詰まったら、そのまま書きっぱなしにしておいて後から書き足したり、くだらないアイディアでもとりあえず書いてみて、全然ダメなら消す。みたいな感じで使っています。

⇒XmindのHPはこちらから
スクリーンショット 2014-05-21 14.26.02