WPMLimg
 ブログを翻訳して(してもらって)いよいよ世界にむけて発信するするぜっ!

ってほどのことでもないのですが、とりあえず翻訳をお願いをしまして、WordPressで使うプラグインも「WPML」に決めて、さあ始めよう!と思ったのですが、意外とプラグインのインストールとかで手こずりましたので、その記録を残しておくことに。。。

スポンサーリンク

 そもそも、WPの管理画面からプラグインをインストールするのではない、ということに気がつくまでに時間がかかった。。。

 まずはWPMLのページに行きます。

WPML1
で、「購入」のどちらかをクリックします。

 クリックしてもすぐ購入には、もちろん、なりません。ちょっと様子を見に行くだけでももちろん大丈夫です。最終的にクレジットカードの決済をするまではお金はかかりません^_^

WPML2
「WPML」には3種類のバージョンが有ります。

  • 多言語ブログ  29$
  • 多言語CMS 79$
  • 多言語CMS無期限 195$

 となっています。で一番下の無期限以外は、一年契約です。

WPML3

 2年目以降は年間の使用料がかかります。2年目以降の使用料は「多言語ブログ」が15$「多言語CMS」が39$です。

 多言語ブログと多言語CMSの違いは

WPML4

 これです。「カスタムフィールド翻訳」とか「ウィジェット翻訳」とか「テーマとプラグイン管理内のテキスト翻訳」とかは、何だかいろいろ訳されて便利そうだなーと思うものの、その下からは、自分のブログを多言語化するだけなのでいらなそー。

 で下の方にズズッと行ってみますと、よくある質問のところに
 WPML5

 と書いてある。やっぱり、自分のブログを多言語化するだけなら、「多言語ブログ」で十分そう。それに、CMSにアップグレードしたくなったら、いつでもできるし、差額は引いてくれるし、30日以内なら返金可だし、とりあえず余計な心配せずに「多言語ブログ」をインストールすることにしよっと。

WPML 「多言語ブログ」版を購入する

WPML6

 上からでも下からでもいいんですけど、「多言語ブログ」の「今すぐ購入」をクリックします。

WPML7

 で「名前」「苗字」の順で入れて、メールアドレスを記入して、2Checkoutと書いてあるクレジットカード払いの方を選びます。(Paypalで支払いたい人は、下のPaypalを選択します)

 右下の「Place order」をクリック。

WPML8

 こんな画面が出て、しばらくすると、

WPML9

 こんな画面になるので、右の「Change Language」から、日本語を選択します。

WPML10

ご請求先情報にすすむ」をクリックします。

WPML11

 名前とメールは入っているので、国を選んで、住所を郵便番号から逆に入れていきます。電話番号は入れなくてもいいみたいです。

書いたら「お支払情報に進む」をクリックします。

WPML12

で、カード番号有効期限CVVコード(カードの裏面の3桁の数字)を入力して、「支払い情報送信」をポチッとします。

 とメールが登録したアドレスに送られてきます。

WPML13

 4通来るうちの、「WPMLに新しいアカウントがあります」ってのを選びまして、「ログインはこちら」をクリックします。

WPML14

さっきのメールに書いてあった「ログイン名」と「パスワード」を入力してログインします。
WPML15

WPMLをダウンロードするインストールする

 さてさて、ログインしたら、ダウンロードをクリック。

WPML16

ヘルプが必要ですか?うん、、必要、必要ってことで「インストール方法」をクリック。

 すると、手動でインストールの仕方と、自動でインストール(おすすめ)の仕方が書いてあります。

 もちろん、おすすめの自動インストールにします。

 自動インストールでは、まず「Installer Plugin」とゆープラグインをダウンロードして、WPMLを入れたいWordPressに入れるらしい。

WPML18

 なにはともあれ、黄色いボタンをポチッとします。

WPML20

とこんな画面になるので、青いボタンをポチッとすると、ダウンロードされます。そんで解凍して「Installer」というフォルダをFTPソフトで、自分のサイトの’wp-contents/plugins’ディレクトリにアップロードします。

 僕はFilezillaというFTPソフトを使いましたが、何でもいいです。

WPML19
 「Installer」をアップロードしたら、今度はWordPressの自分サイトにログインします。そんで、

WPML21

 「プラグイン」を見ると「Installer」があります。ので。「有効化」をクリックします。

WPML22

 有効化すると「設定」のところに「Installer」ができるので、クリックします。

WPML23

 英語だらけで何行ってるか分かりませんが、囲っているとこをクリックします。すると

WPML24

 こんな画面になるので、ちょっと下の方にズズッと行くと、

WPML25

 あった、あった、「WPML」。で、not logged inってなっているので、ログインするべくクリックします。

WPML26

 さっきのメールに来たログイン名をUsernameに、パスワードをPasswordにいれて「Login」をクリックします。

WPML27

 こんなメッセージが出てくるので「Close」をクリック。

WPML28

 logged inになっています。で、下のコンセントの絵の付いている英語をクリックします。

WPML29

すると、プラグインを追加という何やら英語だらけになりますが、落ち着いて「Install Now」をクリックします。

WPML30

 無事、インストールできたら、「プラグインを有効化する」をクリックします。

 これで、WPMLの「ブログ多言語化」版のインストールが終わりました。。。

 あー長かった。。。

 次回はWPMLの設定編へと続きます〜
⇒WPLMの設定をする

あなたのWordPressサイトを複数言語にしませんか

マルチ言語WordPress