千円札

 毎年、毎年、この時季になると、Wikipediaさんから寄付のお願いが出るようになる。

 う〜ん、寄付しちゃおっかな〜などと思っている間に、十分な寄付が集まっちゃったのか、いつも終わってしまっていた。

ので、今回は、見てすぐズバッと払ったった。

といっても、1000円だけだけどね。

スポンサーリンク

 そう、ある日突然こんなふうに現れるのです。
Wikipedia

 僕が1000円寄付したら、広告無しで1年間運営できるんですね〜宜しくお願いしますm(_ _)m

 えっ?でも書いてるのはWikipediaの人じゃないじゃん!なんて野暮をいっちゃーしまいです。これだけのWEBサイトを運営してるんですから、それなりのコストも掛かります。

 Wikipediaに広告入れたら、それはそれはドバってお金はいるんでしょう。でもそうしないのは、
Wikipedia4

 こういう理念があるからなんですね。アフィリエイトをやっていながら言うのもなんですが、広告まみれのWikipediaなんて見たくないっす。

 WikipediaはWikipediaでいて欲しいです。

 名前とメールアドレスを入れて、カード番号入れるだけ。ほんとに1分くらいで終わっちゃいます。

 寄付し終わると
Wikipedia2
 こーゆーメッセージと、寄付ありがとねっていうメールが来ます。

 普段からWikipediaにはお世話になってますから、もっと寄付したいところです。

 僕はバンバン広告出して、お金稼いでババーンと寄付するからね!

 待っててね、ジミー。