缶ビール
 
 僕は夏場はだいたい一日に缶ビールを1.5リットルから2リットルくらい飲みます。夏場は日が暮れるのが待ち遠しいです。まあ、本気出せば朝からルービー飲んじゃったりもできなくはないんですけどね。それをしてしまうと、もうあっち側の世界に行っちゃって戻ってこれなくなっちゃうので。。。

 キンキンに冷やしておいても夏場はすぐぬるくなってしまいます。で、THERMOSサーモスの缶クーラー(缶ホルダー)ってのを買ってみました。いやこれまじスゴイんですって。

スポンサーリンク

 THERRMOSサーモスっていうと、水筒とか弁当箱とかで有名なアレです。保温性がとっても優れているアレです。そのサーモスの缶クーラーとか缶ホルダーと呼ばれるものを買ってみました。
サーモス 缶クーラー

 これです。このサーモスの缶クーラーのサイズはと言いますと、350mlの缶のサイズです。

サーモス 缶クーラー2

 350mlの缶ビールを入れますと

サーモス 缶クーラー350

こんな感じにスッポリ。それでいて飲み口にはまったく邪魔にならない。カポカポでもキツキツでもない。ちょうどええ。

 で、持ってみると心配になるくらいまったく冷たくない。まあ、サーモスの缶クーラーが冷たくならないってことは冷たさが外に逃げてないってことに他ならないんだけど。

 缶クーラーが冷たくならないといいことがもう一つ。結露がしないんです、まったく。

 結露が全くしないし、冷たくもない。でも飲んでみると、中はキンキンに冷たいんです。

 でも、まー正直350mlの缶なんて、ぬるくなる前に飲んじゃうんです。

 なので、僕の使い方は

サーモス 缶クーラー500
こんな感じです。

 500mlでも一本目はまあ、それなりに冷たいうちに飲んじゃうんですけど、二本目三本目になると、ペースがゆっくりになるのでどうしてもぬるくなっちゃうんです。そうなると、途中で嫌になっちゃって、新しいのを空けちゃうことも。。。

 これ買う時に500ml用の缶クーラーないのかな?と探したんですが、サーモスの缶クーラーは350ml用しかないようでした。

 でも、これで十分冷たさがキープできます。

 飲んでる途中で子供をお風呂に入れなくちゃいけなくなって、小一時間くらいお風呂に入って戻ってきて、机の上に置いたままの缶クーラービールを飲むと、キンキンに冷えたままでした。
 
 サーモスの缶クーラーを使うようになって「早く飲まないとぬるくなっちゃうから」というなんとなく追われてる感から開放された気がします^_^

 夏のうだるような暑さが、ちょっと楽しみに感じる夏グッズ、いやーこれは買ってよかった。