ルンバがうちに来たのは、4年前。

 バッテリーも替えず、来る日も来る日も働かせていたら、とうとう最近、めっきり働かなくなってしまいました。
 すぐホームベースに戻ってきたり、たいして掃除もしてないのにどっかで止まっていたり。

 まあ、4年ですから、いい加減限界というか、長く持った方というか、バッテリーが消耗した状態でかなり長く使ってたというか。。。

というわけで、ルンバのバッテリーを交換することにしました。

スポンサーリンク

ルンバ770のバッテリー

 ルンバのバッテリーは純正品で10000円ちょっと。純正でない互換バッテリーで3000円〜5000円位

 純正でない互換バッテリーを買ってみました。

ルンバ分解35

 ルンバの純正品のXLifeバッテリーの互換品で、3年くらい持つバッテリーらしいです。純正品と迷ったのですが、あっちこっちでのレビューの評価も悪くなかったし、補償も1年付いていたので。

ルンバを点検したみた

 ルンバの機能とかを調べなかったワケじゃないけど、当時、黒いルンバはこれだけだったという理由で買った770。

ルンバ分解01

 掃除をするルンバが、ホコリまみれです。

 さてひっくり返して、、、、

ルンバ分解02

 うわっ!きったな!!

 ホコリにまみれてる。。。

ルンバ分解05

 ワイヤーも一本ないし。

 エッジクリーニングブラシも一本しか無くなってるし、、

ルンバ分解04

 前輪が、、、

ルンバ分解03

 全く回らない。回りにくい、とかじゃなくて完全に固定されてる感じ。

 バッテリー交換の前に、とりあえず、こりゃ掃除しないといけませんね。。。

 ※ものすんごく埃っぽい画像が並びます。ご注意ください!


スポンサーリンク



ルンバ770を分解掃除

メインブラシとフレキシブルブラシの掃除

 とりあえず、メインブラシフレキシブルブラシのところから。

ルンバ分解06

 ワイヤーガードをパカっと開けまして、中のブラシを取り外します。

ルンバ分解07

 ホコリと髪の毛のほわほわがグルグルで、、、とにかくすごいことになっている。

 黄色の部分を外してみると、

ルンバ分解10

 うをっ!

 付属品のカッターで切って、

ルンバ分解11

 他にも、ハサミとか、千枚通しとか使って、ぜーんぶ取り除きました。

 ブラシの方は、お手入れリングで、

ルンバ分解08

 ズリズリ〜っと、

ルンバ分解09

 いっぱい取れた。これを何度も繰り返しして、仕上げにおそうじシートでブラシを拭き拭き。

ルンバ分解12

ダスト容器の掃除

 次にダスト容器を外して、

ルンバ分解13

 黄色いフィルターを外して、中をおそうじシートで拭き拭き。

ルンバ分解14

 あんまり綺麗にならないなー。

 ネジを6箇所外して、透明のカバーを外しました。

ルンバ分解15

 透明の方は水洗いして、黒い方は、歯ブラシとちま楊枝とおそうじシートでゴシゴシしました。

ルンバ分解16

エッジクリーニングブラシ

 エッジクリーニングブラシも取り替えるので外します。

ルンバ分解18

 外すと、、

ルンバ分解19

 これまたすごいことに、、、

ルンバの前輪の掃除

 そして、全く回らないルンバの前輪。

ルンバ分解21

  前輪をぐっと持って、

ルンバ分解22

 引っこ抜く。

ルンバ分解24

 こ、こんなところにも、、、

 この前輪の両脇に絡んでいるホコリと髪の毛と糸くずが、取れない。。。

ルンバ分解25

 このタイヤ部分も押すとポコッととれるはずなのだが、ゴミが絡みすぎていて全く外れない。

 カッターと千枚通しでぐいぐいやっても、一向に取れてこない。

 ルンバの前輪って売ってないのかな?

 と調べてみると、あった!

iRobot Roomba500・700シリーズ専用前輪タイヤ

 え?前輪だけでこの値段なの?高っ!

 というわけで、やむなくまた前輪の脇をグリグリすること数十分。

 やっと、外れるくらいになりました。

ルンバ分解26

 取れたら、取れたですごい。こんなに挟まってるんじゃ、そりゃ抜けないよね。

 絡まっているのを全部とって、元に戻すと、

ルンバ分解27

 ギュイーーーーンと回るようになりました。

ルンバの底面を外して掃除する

 ここまで、掃除しても、まだまだ、色んな所からホコリが見え隠れするので、ルンバの底面を外して分解掃除してみることにしました。

 まずはバッテリー部分のフタのネジと、下の2箇所、合計4箇所のネジを外せば、

ルンバ分解02 2

 底の板が外れます。

ルンバ分解29

 うわっ〜〜〜!すんごいホコリ!

ルンバ分解30

 面倒くさがってこれまで持ってこなかったんですが、流石にこれは。。。

 満を持して、掃除機投入。

ルンバ分解31

 掃除機で吸えるところを、全部吸ったら、今度はこの青いところを外しました。

ルンバ分解30 2

 4箇所のネジを外して、まっすぐ引き上げると外れます。

ルンバ分解32

 そしてこの部分をひっくり返すと、

メインブラシモジュール

 もう、、、、ビックリはしませんが、、、、ホコリのじゅうたんが、、、

 千枚通しでグリグリ中のホコリを取り除きました。

 このメインブラシモジュール(というらしい)から出てきたホコリ。

ルンバ分解34

 すごい量。ここまで分解したのは初めてだから、4年分のホコリか。

 このあと掃除機で全体を吸ってキレイにしました。

ルンバのバッテーリー交換

 バッテリーの裏はこんな感じになっています。

ルンバ分解36

 ただ置くだけで、電気が通るようになっています。繋げたり、挿し込んだりということはしません。

 もうルンバをここまで分解しているので、ただバッテリーを入れ替えるだけです。

 古いバッテリーを引っこ抜いて、

ルンバ分解37

 新しいバッテリーを入れます。

ルンバ分解38

 バッテリーの交換終了。

ルンバを組み立てて元に戻す

 外したメインブラシモジュールを元に戻して、底面を取り付けて、バッテーリーのフタのネジを止めます。

ルンバ分解40

 前輪をカチッとはめて、エッジクリーニングブラシの新しいのを取り付けます。

ルンバ分解41

 エッジクリーニングブラシも純正品ではありません。

 メインブラシとフレキシブルブラシも元に戻して、

ルンバ分解43

 ダスト容器のフィルターも新しいのに交換して、

ルンバ分解42

 洗った透明のカバーをネジで止めて、本体にはめ込んだら、元通り。

ルンバ分解44

 これで、ルンバのバッテリー交換と分解掃除が終わりました。

ルンバ分解45

 綺麗になって、男前になりました。

 バッテリーを交換したので、ルンバをリセット

 700シリーズは”CLEAN”ボタンを10秒以上押し続けて、離すとメロディーが流れます。リセット完了。

ルンバのバッテリー交換、分解掃除をしてみて

 バッテリーの交換はともかく、分解掃除は思っていた以上に、ホコリ、髪の毛が入り込んでいて大変でした。

 もっとマメに、半年に一回とか、一年に一回くらいはやれば、そんなことないとは思いますが。

 バッテリー、エッジクリーニングブラシ、フィルターを交換して、きちんと掃除をしたら、ルンバって一回の掃除でこんなにゴミ取れるんだ!とびっくりするくらい働いてくれるようになりました。

 ルンバ、長い間すまなかったm(_ _)m

思ってたより色いろあるルンバの交換用パーツ

 今回、ルンバのバッテリーとか、ルンバの前輪を調べていたら、いろんなルンバのパーツがあることを知りました。

 うちのルンバも、調子が悪くなったら、パーツを取り替えれば、まだまだいけそうです。

 新しいルンバを買うより安く済みそうだし。

【XLifeの互換バッテリー】
僕が買った純正品じゃないバッテリー

【ルンバの前輪】

【メインブラシモジュール】
ルンバの吸引力が落ちてきた。音がうるさい!時に替えるパーツ。

【タイヤモジュール】
ルンバのタイヤが動かなくなった、クルクル回るようになったら。右と左があるので注意。

【サイドブラシモジュール】
サイドブラシが回らなくなったら、これを交換。

【赤外線センサー付バンパー】