遠足

 幼稚園生になった娘の初めての遠足。

 あ、、、そういえば、うちには家族用の弁当箱、ランチボックス的なものがない。タッパーでもいいっちゃいいんですけど、娘が幼稚園に入ったので、遠足とか運動会とか家族分のお弁当を作る機会もたびたび出てくる。

ので、家族分のご飯が入る三段のお弁当箱を探してみました。

 そーたろが子供の頃は、遠足も運動会も黄緑色のタッパーを重ねたのが家族のお弁当箱でしたが、今はほんとにいろんな種類のお弁当箱があるんですね。三段のお弁当箱だけでも、ものすごい種類がある!

 ネットで探し始めて、わりと早い段階でビビッと来たのに出会いました!

 その名もピクニックボックス

 あ、そーたろはおっさんだけど、本業で料理したりするので、キッチングッズは僕が選びますし、わりとお弁当も作ります^_^

スポンサーリンク

ピクニックボックス三段が届いた!

 ピクニックボックスをネットで見て「お!これいい!」と一目惚れしたのは、見た目のポップな可愛さもあるけど、それでいて僕が子供の頃食べていた黄緑のタッパーのお弁当箱に通ずるノスタルジックな雰囲気があったから。

 ピクニックボックスが届いた!

ピクニックボックス01

 箱がまたカワイイ。箱は使わないんだけど、こういう箱で送られてくると、やっぱりテンション上がります。

ピクニックボックス02

 ナイフの形に抜かれているダンボールが素敵。

 中がちょっと見えちゃってるけど、今回買ったピクニックボックスはフランスカラーのトリコロール。

ピクニックボックス09

 いろんな国のカラーバリエーションがあってポップで、これまたテンション上がります。弁当の中身はそこそこでも素敵に見えること間違い無し!!

 留め具は引っ掛けてパッチンととめるタイプ。

ピクニックボックス03

ピクニックボックス04

 金具だけだとこんな感じです。

お弁当3

男の僕でも持ちやすい取っ手です。 金具は十字になっていてお弁当箱をしっかりとホールドするので、ズレたりもガタガタもしません

 お弁当箱自体の質感はかなりしっかりとしていて、安物のプラスチック感は無い。しっかりとしているので、いわゆるタッパーよりは重さはあるけれど、お、重い、、、という感じでももちろんない。長く使えそうな感じ。

 一番上の段は、汁の出るおかずとか、デザートとかには嬉しい仕切りが付いています。そして、他の2段によりちょっと低い

ピクニックボックス05

 2段目3段目は、同じサイズで、仕切り無し、深さがあります。

ピクニックボックス06

 1段目との高さを比べるとこんな感じ。

ピクニックボックス07

 2段め3段目には、おにぎり、ボリュームのあるおかず。一段目にはちょこっとしたおかずやデザートと、一目惚れの理由は見た目と雰囲気だったけど、機能面もしっかりしていました。

 ちなみに順番を入れ替えても、ちゃんと重なって、しっかり留まります。

ピクニックボックス12

ピクニックボックス3段のサイズ

 ピクニックボックス三段のサイズは、3〜4人で食べるのにちょうどいいくらいのサイズです。うちは夫婦と3歳の娘の3人なので、しっかり詰めると多い感じですが、ゆったり目に詰めればちょうどいい感じです。娘が大きくなれば、しっかり詰めてちょうどいいかも。

 ピクニックボックス3段のサイズを測ってみました。

ピクニックボックス13

 金具をセットしたときのサイズです。持ち手までの高さが23㎝。留め具まで入れた幅が19㎝でした。

 お弁当箱自体のサイズはこんな感じ。

ピクニックボックス14

 3段重ねてフタまでの高さが19.5cm。一段目の高さは3.5cm、2段目が6cm、3段目が6.6㎝

 2段目と3段目は同じサイズですが、ズレないように重なる部分が6mmあるのでその分、3段目のほうが長くなっています。一段目も2段目も重なっている部分(6mm)があります

 弁当箱の縦横のサイズは、

ピクニックボックス15

 縦も横も16.5cmです。

 3段合わせたお弁当箱の容量は3200mlです。

ピクニックボックス三段の使い勝手

 遠足当日、ド定番のおかずのお弁当を作りました。

お弁当1

 浅く、仕切り付きの段があるのがとっても詰めやすかったです。深い段には三角おにぎりも縦に入るし、唐揚げとかウインナーもドカッと入るし。

 お弁当箱の素材がツルッとしているので、洗うのも楽ちんでした。

 見た目がかわいらしいので、パーティーなんかで料理を入れて置いておいてもサマになるし、これから先のたくさんの幼稚園の行事に活躍することは間違いありません。