昨年末に買ったiPhone6s plusスペースグレイのケースが届きました。

IPhoneバンパー01

 うん、中国感が半端ない^_^

 買ったのはケースというか、バンパーです。バンパーなのですが、透明のアクリル板も付いていて、それをつければiPhone6s plusの背面もしっかりと保護してくれるらしーのです。

 そーたろが今回買ったのはUCASEのアルミニウムバンパーです。

 UCASEのアルミニウムバンパーを選んだ理由は

 ・色がシックっぽい
 ・バンパーの中でもめっちゃ薄くてシンプル
 ・背面保護用のアクリル板が付いていて、つけてもつけなくてもいい
 ・価格が2000円以下

といったところです。

 カラーは、ゴールド、シルバー、グレーの3色から、僕はグレーを選びました。色に関してはいまいちこれがグレーの色ですって分かるサイトがなくて心配していたのですが、iPhone6s plusと同じスペースグレイでした。あーよかった^_^

スポンサーリンク

UCASEアルミバンパーをiPhone6s plusに装着

 さてさて、届いた箱を開けると

IPhoneバンパー02

 こんな感じ。雑な袋に雑に入れた感じのモノが入っていて、、、、それだけ。説明書的なものは一切ない。

 ま、説明書がないのは他の人のレビューにもあったので知ってたんですけど、いざ目の前にすると、あれ?これだけ?他になんにも入ってないの?とつい思ってしまう。

 さて気を取り直して、中身を出しました。

IPhoneバンパー03

 ん?あれ?どーなってんだ?バンパーだよねぇ、注文したの。。。

 一瞬、戸惑いました。が、そーたろは気が付きました。

IPhoneバンパー04

 あ、ここから外すのね。

 ということで、やっとバンパー背面に取り付けるアクリル板いらない黒いプラスチックに分かれました。

IPhoneバンパー05

アクリル板がきったなく見えるのは、保護用のフィルムが貼ってあるからです。

UCASEアルミバンパーを取り付ける

 さっそく、取り付けてみる。まずはとりあえずアクリル板無しで、バンパーだけ取り付けてみることにしました。

IPhoneバンパー06

 適当にiPhoneの側面の片側を入れて、

IPhoneバンパー07

 iPhoneの後ろからかぶせるようにして、残りの角を一つづついれました。

IPhoneバンパー08

 入った。

 結構簡単に入ったけど、緩みもないしいい感じ、ってゆうか、これにアクリル板入れて取り付けられるの?というくらいきちんとハマっています。

 裏面はこんな感じです。

IPhoneバンパー13

 バンパーのいいところは、iPhoneがiPhoneのデザインのままでいられるところですよね。

 イヤホンジャック、充電のライトニングケーブル、スピーカー部分はこんな感じです。

IPhoneバンパー09

 充電ケーブルを刺してみました。

IPhoneバンパー12

 バンパーは全くケーブルを干渉しません

 電源スイッチ側はこんな感じです。

IPhoneバンパー11

 電源スイッチはもともとのボタンと変わらない感じです。カチッと押した感もちゃんとあります。

 マナーモードの切り替えと音量ボタンはこんな感じ。

IPhoneバンパー10

 音量ボタンももともとのボタンとほぼ変わりません。感度も良くて全くストレスなしです。

 マナーモードの切り替えスイッチは、爪でカチカチやる感じです。僕はあんまりこれを切り替えないので全く問題ないですが、しょっちゅうマナーモードを切り替える人で深爪のひとにはストレスかも。

 

UCASEアルミバンパーにアクリル板もつけて装着

 今度はアクリル板も着けて装着してみることに。

 アルミニウムバンパーだけの時と同じように横から入れようとしたら、上手くいかなかったので気を取り直して縦から入れてみます。

 まずは、アルミバンパーに全面からアクリル板をはめ込みます。

IPhoneバンパー15

 アルミバンパーは内側と所々TPUという柔らかいプラスチックのような素材が使われているので、アクリル板を入れたら、両サイドから押さえるようにしないとアクリル板が抜けてしまします。

 両サイドから抑えつつiPhoneを上から入れていきます。

IPhoneバンパー16

 両サイドをズリズリ入れていって、角は片方づつ入れます。

IPhoneバンパー17

 もう一方の角もグイッといれたら、

IPhoneバンパー18

 完成!

 バンパーだけの時よりは押さえながらやらないといけないし、ちょっときついので大変でしたが、2回目のチャレンジで無事入りました。

 後ろはこんな感じです。

IPhoneバンパー19

 そして、アクリル板についているフィルムを剥がします。

IPhoneバンパー20

 はがすと、こんな感じにiPhone6s plusのキレイなスペースグレイの面が現れます。

IPhoneバンパー22

UCASEアルミバンパーを取り付けてみて

 最初はバンパーだけにしようと思っていて、アクリル板はおまけくらいに考えていたんですけど、つけてみたら、やっぱり背面も保護してくれるし、いい感じだったので、アクリル板つけるバージョンで使うことにしました。

 今回iPhone6s plusを買った時も古いiPhoneを下取りに出して割引になったことを考えると、なるべく壊れないように覆い隠しといたほうがいいのかな〜とも思いまして。

 兎にも角にも、バンパーのカラーがiPhobe6sのスペースグレイと同じ色で、質感も思ってた通り良くって、しっかりきっちりハマって、スイッチ類の反応も良くて、2000円切るんだから、十分過ぎるバンパーでした。

 これでひと安心です^_^

【追記】iPhone6s plusをさっそく落とした

この記事を書いた次の日にさっそく落としました。

 とある駐車場でアスファルトの上にこんころりん。iPhone6s plusは画面を下にしてアスファルトに這いつくばりました。。。

やっちまった!!!体に電気が走りました。

 とっさに拾い上げると、

 な、な、なんと無事でした!UCASEのバンパー素晴らしい!つけててよかった〜^_^

 UCASE1

 ほら、画面は無傷です。丸のところ二箇所に傷がつきました。

UCASE3

UCASE2

 対角線上に傷が入って、画面を下にして落としたのに、画面が無傷ってスゴッ!

 UCASEのアルミバンパーのわずか0.5㎜の出っ張りがiPhoneの画面を守ってくれました〜。