ハラールフード2

 インド料理をみんなで作ろう!みたいな会に参加しまして、で、その会の前に買い出しでハラールフードの食材屋さんに行きました。

 ハラールフードのレストランは行ったことがあったのですが、食材屋さんは、初めてです。

 ビルの4階にあって、普通じゃなかなか見つけられません^_^
 雑居ビルの奥の方にあるエレベーターで4階まで上がってエレベーターを降りたら、

ハラールフード4

スポンサーリンク

f500879ab8a8327dab3e42cd1aeaf957.jpg
 もっと色んなモノが雑然とといいますか、わさわさっとものが並んでいて、薄暗い店内のようなイメージを勝手にしていたのですが、すごーく明るくて、モノはきわめて整然と、ラベルもきちっと揃って並べられていました。

 初めて、ハラルフードの食材屋さんに来たので分かりませんが、これが普通なの?それともこのお店がたまたまなの?ちょっとびっくりしました。

 ハラールは日本語にすると「合法的な」とか「許された」という意味で、ハラールフードは、合法的な食べ物、許された食べ物となります。
 イスラム教徒の人が食べることができる、食べて良いとされているのがハラールフードです。

 イスラム教では豚を食べてはいけないということは有名ですが、豚の他にも、虎や熊、猫など、牙を持っていてその牙で獲物を捕る動物も食べてはいけません。鷹やフクロウなどの猛禽類もダメです。

 ハラールフードとして売られている、鶏や羊や牛といった動物もハラールで屠殺されたものでなければいけません。

 どーゆーことかといいますと、屠殺する資格を持っているムスリム(イスラム教徒)が切れるナイフで喉元を切って屠殺をする。切るときに「アッラーの御名において」と唱えること。などの決まりがあり、それにのっとって屠殺された動物しかハラールフードではないのです。

 この屠殺のこともそうですが、豚肉を調理した道具や調理場で調理されたものも食べてはいけないので、ムスリムは日本のスーパーで普通に買い物したり、普通のレストランで食事をしたりということは出来ないんですね。

でも、逆にその辺ではなかなか売っていないものが売っていたりもします。
ハラールフード

 羊の脳みそです。僕はなんちゃって料理人なので、割りと大丈夫というか、仔牛の脳みそとか使ってたこともあるので好きな食材ですが、苦手な人も多いかもしれませんね〜

 で、とにかくスパイスが安い!です。日本のちょっと小洒落たスーパーに行くと、たくさんの種類のスパイスが今は手には入ります。が、ほんのちょこっとで、まあまあのお値段がします。

 もちろん、ちょこっとでいいものもあるんですけど、たくさん必要なスパイスも中にはあって、クミンとかコリアンダーとか、そういうものはほんとに安い。
 冷凍ではあるけれど、羊のお肉も安い。羊はずーーーーっと価格が上がり続けているもののひとつで、使いたくてもなかなか個人のお店だと難しかったり。

 青唐辛子の冷凍や、オクラの冷凍なんてものもあって、ムスリムの人達が使いやすい食材なんでしょうね。

 スパイス初心者なので、オーソドックスなスパイスを購入しました。
スパイス

 今回お邪魔したのは、池袋にある、
Al-Flah Super Market